女王バチのみが食せる高級食品・ローヤルゼリー

「王様の召し上がるゼリー」ことローヤルゼリーは、みつばちの世界において唯一無二の存在である女王バチのみが食べ続けられる特別食で、王乳とも呼ばれています。

ミツバチの巣箱には5万匹前後のミツバチが生活していますが、ローヤルゼリーを食べられるのは女王バチのみで、その他圧倒的多数の働きバチは食する事ができません。

そもそも女王バチも働きバチも同じ卵から生まれるのですが、巣の中にある王台という特別な部屋に産み付けられた卵から孵化した幼虫のみがローヤルゼリーを食べて女王バチに成長します。

ローヤルゼリーを食べて育った女王バチは、花粉やはちみつを食べて育った働きバチと比べて身体も2倍と大きくなり、また毎日2000個前後の卵を産む女王バチの大きなエネルギー源としてローヤルゼリーが存在します。

注目は極めて良質なたんぱく質

ローヤルゼリーは水分を65%、たんぱく質・アミノ酸を13%、炭水化物を15%、脂質を3%、その他成分を4%含んでいます。

中でも注目は人の体内では合成できず、食べるものから必ず摂取しないといけない「必須アミノ酸」。

ローヤルゼリーはアミノ酸スコア(たんぱく質の品質を示すスコアで、必須アミノ酸の含有バランスを示すもの)が非常に高く、大変良質なたんぱく質を含有しています。

ウォーキングやランニングにおいても、必須アミノ酸の摂取はまさに必須。

ローヤルゼリーはウォーカーやランナーにとっても注目すべき食品という事ができます。

とにかく栄養価の高いローヤルゼリー

ローヤルゼリーにはほかにもビタミンやミネラル類など、身体から作り出すことができない栄養素が数多く含まれています。

結果3大栄養素であるたんぱく質・炭水化物・脂質に加え、ビタミン、ミネラルなどの栄養素をバランスよく含む、きわめて栄養価の高い食品と言えます。

またローヤルゼリー特有の栄養素として10-ハイドロキシ-δ-2-デセン酸などがあり、まだその働きについては不明な点も多いものの、今後に大きな期待の持てる栄養素としてさらなる注目を集めそうです。

カテゴリー: その他健康食品

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です