実は万能薬的な効果が期待できるはちみつとは

みつばち関連の製品としてここ数年プロポリスやローヤルゼリーが注目されがちですが、誰もが子供の頃より親しんできたみつばち関連製品と言えばなんといってもはちみつ

お菓子としても、料理の材料としても万能で、ほどよい甘さからも大人気のはちみつですが、栄養価の高さでもよく知られています。

蜂にはアシナガバチやスズメバチなど様々な種類がありますが、ミツバチ以外の蜂ははちみつを作る事ができません。

みつばちは花にある蜜を吸って、体内にため込み、巣に持ち帰っています。

つまりみつばちが吸う花の種類によって、はちみつの味や栄養価も変わってきます。

はちみつは砂糖よりも健康的

砂糖の糖分はショ糖と言われ、花の蜜と同じですが、このショ糖を人間の身体に入れると、体内でブドウ糖と果糖に分解してから吸収されます。

一方ではちみつはすでにブドウ糖と果糖に分解された状態で、人間の身体に取り入れるため、砂糖と比べると身体への負担が少なくなります。

また砂糖のカロリーが100gあたり約387kcalに対し、はちみつは約297kcalと低カロリーで、同じく身体への負担が少なくなります。

ちなみにブドウ糖は即効性のあるエネルギー源として知られており、果糖はブドウ糖に比べると吸収に少し時間のかかる糖質です。

そのおかげでランニングやウォーキングにおいては、走りはじめにブドウ糖、走り続けていくうちに果糖と2つの糖質がバランスよく配合されるため、長時間にわたりエネルギー源として活躍し続けてくれます。

他にも栄養価満点のはちみつ

はちみつには糖分以外にもミネラル、アミノ酸、ポリフェノールなどの栄養価もバランスよく含まれています。

また風邪の予防に効果のあるビタミンC、疲労回復に効果的なビタミンB1、肝臓の働きを強めるビタミンB2とランナーやウォーカーにもうれしいビタミン群も豊富に含まれています。

カテゴリー: その他健康食品

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です