インカ帝国時代から民族アシャニンカ族が古くから「健康を守る植物」として利用してきたと言われるのがキャッツクロー。

キャッツクローは葉の付け根に猫の爪に似たトゲがあることから名付けられ、学名は「ウーニャ・デ・ガト」と呼ばれ、現地ではアマゾンの奥地に少数しか自生しておらず、「幻の栄養植物」と言われていたようです。

先住民はキャッツクローを健康を取り戻せる魔法と考えており、現在はアメリカで食品として許可を受け、ハーブ市場ではかなりメジャーな存在となってきています。

またキャッツクローはヨーロッパでは抗炎症薬として、医薬品に分類されています。

今話題のアルカロイドを含有

キャッツクローには現在世界で注目を集める「アルカロイド」など植物由来の有用成分をバランスよく含有しています。

アルカロイドは免疫力増強作用や殺菌作用が言われる他、身体を本来のバランスに整える作用があり、関節炎や神経痛などの症状に働きかけ、痛みを緩和します。

さらに巡りをよくする相乗効果により、衝撃のクッションとなる軟骨の働きをサポートし、関節の動きをスムーズにしてくれます。

ウォーキングやランニングを続けていると、関節炎や神経痛に悩まされる方は多くいらっしゃいます。

中でも代表的な坐骨神経痛などに悩まれているランナーやウォーカーの方は、これを機にキャッツクローの摂取も検討されてみては?

カテゴリー: その他健康食品

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です