なぜか北海道で人気のガラナとは

北海道にて普及が進み、根強い人気を得られているのがガラナ。

ガラナは南米のブラジル・アマゾン川流域が原産地の植物で、種子の部分を薬用として使用しています。

ガラナという名前は、南米に住むガラニス族が由来となっていて、ガラニス族は乾燥させたガラナの種子を食品や飲料、薬の原材料として使用してきました。

日本、特に北海道で人気のガラナ製品は、炭酸飲料であるガラナ飲料で、スーパーやコンビニエンスストアには必ずと言っていいほど置いてあります。

ガラナに含まれる成分は?

ガラナの種子にはコーヒーの約3倍のカフェインが含まれています。

カフェインはアルカロイドの一種で、興奮作用があるとされています。

ほかに鎮痛作用のあるテオフィリンや、神経興奮作用があるテオプロミンなどの成分が含まれています。

 

カテゴリー: その他健康食品

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です