もともと健康に良いと言われていたプロポリスですが、ここ数年のプロポリスブームにより、本格的な液体タイプから、カプセルタイプ、アメ、歯磨き粉、シャンプーなどプロポリス製品は次から次へと開発されています。

・・・となるといざプロポリスを購入する際、何を買っていいか迷うという方は多いのでは?

そこでここではプロポリス初心者の方にまず知っていただきたい、プロポリス製品の選び方について紹介していきます。

1.目的別で選ぶ

プロポリスには健康で頑丈な身体づくりを目指す方のための「グリーンタイプ」と、美容に気を使われていていつも若々しくいたい方のための「バランスタイプ」の2つに大きく分かれます。

グリーンタイプはアルテピリンCの比率が高く、バランスタイプはアルテピリンCとフラボノイドがバランスよく含まれています。

アルタスショップではアルテピリンCに比率が高く、プロポリスの中でも最も品質が高いと言われるグリーンタイプをメインに取り扱っています。

2.飲みやすさで選ぶ

プロポリス商品には原液タイプ、カプセルタイプ、スプレータイプなどがあり、それぞれに長所と短所があります。

目的や予算などに応じて、購入する製品をお選びください。

液体(リキッド)タイプ

栄養成分などが濃縮されており、コストパフォーマンスはかなり高いです。

一方でここ最近は技術の発達でかなり改良されましたが、それでもにおいや味はかなり強烈で、苦手な方にはかなり飲みづらかったりします。

そこでヨーグルトなど、何かの食品と一緒に摂取するという方法が一般的によく言われています。

カプセルタイプ

液体タイプに比べると、扱いやすく、気軽に飲んでいただく事ができます。

一方で中身が染み出さないために、大量の油分でくるむため、液体タイプに比べるとプロポリスの含有量は低くなります。

キャンディー

声のプロも愛用すると言われているのがキャンディータイプです。

喉がピリピリする感覚と独特の風味があり、苦手な方は苦手だと思われますが、喉が痛い時や風邪気味の時などに限定して舐める方は多いようです。

とにかく食べやすいことが大きな長所ですが、肝心なプロポリスの含有量は少なめです。

スプレー

喉に直接シュッと吹き付けるスプレータイプは、飴タイプと同じくピリピリとした刺激があります。

味は微妙ですが、飴のようにカロリーは摂らず、喉が痛い時や、大きな声を出して炎症を起こしている時などに使用すると、飴以上に効果を感じる事ができるとの声が多いです。

特定の目的に最適ですが、味を調える必要があるため濃度は低めです。

歯磨き粉

ブラジル産のプロポリスには歯周病の発症に深く関わる最近の生育抑制効果があることがわかっており、歯周病予防の歯磨き粉の成分として配合されます。

 

コストパフォーマンスで選ぶ

あたりまえの話と言えばそれまでですが、プロポリス製品はプロポリス濃度が高ければ高いほどその価格も高くなります。

 

 

 

カテゴリー: プロポリス

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です