偶然が生み出した恐怖のミツバチ「キラービー」

ブラジル産のプロポリスを作り出すのはアフリカ蜂化ミツバチ、通称「キラービー」です。

このアフリカ蜂化ミツバチは、ブラジルに持ち込まれた凶暴なアフリカ蜂が逃げ出し、たまたま西洋ミツバチと交配してブラジル独特の蜂が生まれました。

このアフリカ蜂化ミツバチはアマゾンの過酷すぎる環境によりどんどん凶暴性を増していくとともに、とにかくタフなうえに勤勉。

他の蜂では到底いけないような場所にも積極的に飛び出し、より良質な樹液などを集めた結果、ブラジルに良質なプロポリスをもたらしました!

現地では恐怖の存在・キラービー

アフリカ蜂化ミツバチ「キラービー」はここ60年ほどの間に南北アメリカを北へ北へと勢力を伸ばしています。

キラービーは性格のおとなしい在来のミツバチに接近し、巣を乗っ取って女王バチを殺害し、働きバチを奴隷化します。

そして一度巣を設営すると、きわめて獰猛な性格を発揮し、なにがなんでも守り切ろうとします。

一度キラービーの巣を刺激してしまうと、何千匹という集団が攻撃をしかけ、攻撃者に徹底的に毒針を降らせます。

カテゴリー: プロポリス

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です